ベビー服の選び方について

出産祝いといえば、一番多く送られてくるのがベビー服ではないでしょうか。ベビー服は幼児から様々な種類のものがあり、親心をくすぐる品物です。見ているだけでかわいいものが多く、飽きがきません。見ているだけで子供が欲しくなってしまう人も多いのではないでしょうか。ベビー服も大人の服と同様に、肌着からおしゃれ着、ドレスやスーツに寝間着までと多種多様であります。特徴的なのがよだれかけくらいなもので、他は大人用の服とほぼ同じラインナップが用意されています。小さく大人服ほど大量に生産しないためか、思っているよりも割高になっているケースが良くあります。かわいいからと思って値札を見てびっくりした経験がある方も多いのではないでしょうか。

ベビー服を専門に作っているブランドも多数あるぐらい、その選択肢は様々なので、この需要がなくなることはまずないでしょう。出産祝いなどのプレゼント用としてパッケージ商品になっているものもあれば、単体で売っているものまでさまざまです。選ぶ際に注意しないといけないのが、子供の月齢でしょう。子供の成長は予想以上に早く、0歳であれば数か月たつと身長や体重が倍になってしまうことが当たり前です。また、今のシーズンにきれなくても次のシーズンにきれればよいということも現実的ではありません。0歳から1歳になるだけで、目を見張るほどの成長をとげてしまいます。例えば今現在のサイズに合わせて、次の季節のベビー服を買ったとしても、ちゃんと着れるサイズかどうかは非常に不安です。選ぶ際には月齢を確認し、このシーズンにはこれくらいのサイズになっているということを調べて購入する必要があります。出産祝いでいただいた大量のベビー服のなかにも、そこまで考えずに送られてきているものもたくさんあります。とくに子供がいない方から送られてくるものはそのようなケースが多いように思います。本当に子育てを熟知している方であれば、先の先を読んでくれるものです。貰う方はありがたいのですが、送る方が気を使ってしまいます。

貰った方も、今サイズがあわないから何か月後に着せようと考えていても、実際着せてみるとサイズが小さくて本当に一瞬しか着せることができなかったということになってしまいます。ベビー服を選ぶ際には、このようなことがないように注意したいものです。貰った方も、頂き物を存分に楽しむためとにかく着せまくるのが損をしないやりかたではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*