ベビー服・肌着の種類

妊婦さんの楽しみの一つでもある、ベビー服の準備。小さく、かわいらしく、見ているだけで幸せな気持ちになれます。産まれてくるわが子と出会えるのがますます楽しみに感じる時ではないでしょうか。ベビー服はデザイン性だけでなく、ファッション性も高く、種類も豊富にそろっています。赤ちゃんが着やすいように、やわらかい肌への刺激がないように、などさまざまな工夫がされています。ベビー服や肌着にはいろんな呼び名のある商品が多いので迷うこともあります。ここではベビー肌着の種類と特徴について紹介します。1、短肌着。短肌着は肌着の中の基本のものです。夏場はこれ一枚でも問題ありません。

冬場でも暖かい室内であれば短肌着の上に長肌着とアウターを重ねればよいでしょう。新生児期から使えるので5枚程度用意しておくといいでしょう。2、長肌着。短肌着の上に着せるものです。短肌着よりも足元まですっぽりと覆ってくれるタイプです。春先や秋なら短肌着と長肌着で十分です。前開きタイプなのでおむつ換えがしやすいのが特徴です。長肌着のかわりにコンビ肌着を用意しても問題ありません。3、コンビ肌着。コンビ肌着とは股のある肌着のことです。長肌着のかわりとしても使えます。足先が二つにわかれているので、長肌着とは異なり、足をばたつかせても肌着がはだけることがありません。一方で、足の部分が留められているのでおむつ交換の時や着替えの時にスナップをはすず手間がかかります。新生児期は長肌着を使用し、それ以降はコンビ肌着を使う、などという工夫をするとよいでしょう。短肌着とセットで使うことが多いでしょう4、ボディシャツボディシャツとはコンビ肌着の股下の部分をとったものです。コンビ肌着よりも布の部分が少ないので、より夏場に適した肌着になります。

股部分をスナップでとめるようになっています。なので、他の肌着ともたつくことがなく、すっきりと着せることができます。上から着せるタイプのものは首がすわっていない赤ちゃんには負担になるので、前開きタイプのものを着せましょう。首がすわれば上から被せるタイプのものが便利です。どちらかといえば、首がすわった赤ちゃん向きの肌着になります。ベビー服や肌着は綿素材で、やわらかいものを選びましょう。赤ちゃんは成長が早くあっという間にサイズが変わるので、季節や月齢にあわせて肌着を選ぶのがポイントです。汗をかきやすい赤ちゃんのために肌着は少し多めに用意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*