# 乾燥肌の対策について

乾燥肌の対策としては、まずは保湿を徹底的に行うことが有効です。これには、スキンケア商品を利用すると良いです。スキンケア製品にも様々ありますが、乾燥に効果のある成分が入った、保湿に特化したものを使用すると高い効果を期待できます。化粧水は勿論のことですが、肌に浸透した化粧水の蒸発を防ぐために、潤いに蓋をするために、クリームやオイルと言ったスキンケア製品を使用するのも重要です。これは、顔だけではなく全身に言えることです。唇にはリップクリームを、全身にはボディケア専用のスキンケア製品を使用するのが有効です。また、乾燥をもたらす要因から肌を守ることも重要です。肌を乾燥させる要因としては、冷たい風や、暖房や冷房からの送風、その他の刺激などが挙げられます。ですから、これらから肌を守るために衣服に工夫をする、マスクを着用すると言った方法をとることが乾燥肌への対策として挙げられます。それから、乾燥を感じた時に、その場で潤いをもたらすことも対策としては重要です。ミストタイプの化粧水を持ち歩き、乾燥を感じた時に、しゅっと吹きかけると、潤いを手軽に補充することができます。

乾燥肌への対策について~食品によるケア

乾燥肌への対策としては、スキンケア商品を使用することが有効ですが、こういった外側からのケアとは別に、内側からのケアを行うことも非常に重要であり、なおかつ、外側からのケアのような即効性は期待できませんが、確実な改善を期待することができます。内側からのケアとして、生活の中で取り入れやすいのが食生活を見直すことです。乾燥肌に効果が期待できる栄養素や、その改善につながるような栄養素が含まれている食物を積極的に摂取することで、対策をとることができます。その一部を紹介すると、まずはビタミンAが挙げられます。これは、皮膚や粘膜の潤いには欠かすことができない栄養素で、また乾燥した肌の生まれ変わりを促進する新陳代謝を活発にしてくれます。これを多く含む食品としては、青魚や緑黄色野菜、乳製品などが挙げられます。こうした食品は、健康維持にも大変効果がある食品ですから、積極的に摂取したいものです。それから、スキンケア商品にも使用されているセラミドと言う成分があります。これは、皮膚の角質層に存在する脂質で、角質層の水分維持を担っています。この成分が多ければ多いほど、角質層で水分を保持する力が高く、乾燥を予防することができると言う具合です。この成分は、こんにゃくやしらたき、ひじき、わかめと言った食品に豊富に含まれています。こちらもやはり、体に優しい、そしてダイエットの味方になるようなカロリーの低い食品ですから、積極的に摂取したいです。

乾燥肌を防ぐための対策

秋や冬の空気が乾燥する季節は乾燥肌になりがちです。カサカサ素肌を防ぐためにスキンケアをしっかりとする必要があります。乾燥は肌の老化を促進させます。シミやシワ、たるみ、ほうれい線などの肌の老化現象のほとんどが、乾燥が一因となって起こるのです。洗顔後には素肌が乾燥しないように保湿成分の入ったローションをたっぷりとつけて、素肌に水分を含ませるようにします。その後にローションが蒸発しないように乳液を塗ります。外出先でも乾燥が気になる時に肌につけられるようにスプレータイプのローションを持ち歩くことをお勧めします。メイクの上からスプレーして、その上からティッシュで軽く抑えるようにすればメイク崩れを防ぐこともできます。若いころから夏は紫外線対策を心がけ、秋冬は乾燥対策を心がけることで、年を取っても若々しい素肌を保つことができるのです。